刈谷市のパーソナルトレーニングジムBO:DIO|ボディオ

電話番号0566-91-2788
メニュー

ブログ

2020/07/12

インスリンてなに?

インスリン=太る?

血糖値や糖尿病を気にしている方は、インスリンという言葉を聞いたことがあると思います。

インスリンの働きが筋肉の発達に関係しているんです!

こんな人におすすめ!

▶︎血糖値が気になる人

▶︎バルクアップしたい人

▶︎ダイエット中で体脂肪が気になる人

筋肉のために欠かせないホルモン=インスリン

インスリンは血糖値を下げる唯一のホルモンです!

血糖値を上げるホルモンはたくさんある。

下げた血糖は筋肉や脂肪や肝臓といった様々な体の組織に行きます!

つまり、インスリンは血液中の栄養を体のいろんな組織に運び込むホルモン。

インスリンヒエラルキーとは?

インスリンが出すぎると、栄養が脂肪の方に行ってしまう。

だからインスリンを出しすぎると逆に脂肪が増えてしまうんです!

ただし、インスリンヒエラルキーというのがあり、ピラミッド型でインスリンが働く順番がある。

本来、インスリンは筋肉に働く。

次に肝臓、最後に脂肪。

インスリンヒエラルキーは運動しないと逆に働いてしまう可能性がある。

筋肉に働いやすいというのはちゃんと動いてトレーニングしている場合。

そうなると太りにくい。

インスリンを出して筋肉を増やすためにはしっかりとトレーニングして筋肉を働かせること。

インスリンの筋肉への効果!

トレーニングをすると筋肉が物理的に収縮する。物理的収縮そのものがインスリンを働かせる。

血液の流れもよくなるので、足のトレーニングをすると足の筋肉にインスリンが働きやすくなるということでインスリンの働きを高めることができる。

インスリンの効果を高める方法!

インスリンの効果を高めるためには、運動と栄養をとる必要がある。

特にアミノ酸でいうとアルギニン。

ロイシンもインスリンを分泌する。

ホエイプロテインはロイシンがたくさん入っている。

なのでプロテインを飲むとそれだけでインスリンが活発になってくる。

他にはミネラルで亜鉛だとかクロミウム、バナジウム、マグネシウム、ビタミンCなんかもインスリンの働きを高める作用があります!

こういったアミノ酸や微量栄養素を摂り、運動をして、しっかりと筋肉にインスリンを働かせるとうまく筋肉がついて脂肪をあまり増やさずにボディメイクができます(^^)

まとめ

・インスリンは血糖値を下げる唯一のホルモン!

・トレーニングをすることで筋肉に働かせることができる!

・インスリンを出しすぎると脂肪に栄養がいってしまう!

ネタがなくて難しいこと書いちゃいました。笑笑

2020年8月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31