BO:DIO(ボディオ)

鍋ダイエット!

「鍋ダイエット」は、夕食を鍋に置き換えるというものです。しかし、鍋を食べるだけでやせるとは言い切れません。偏った食事をすることで、栄養が不足したり、リバウンドしてしまったりする可能性があるので注意しましょう。

BO:DIO(ボディオ)

ダイエットの基本は栄養バランスのよい食事を摂る、運動を習慣的におこなうということです。規則正しい生活習慣を心がけ、上手に取り入れてください!

鍋ダイエットを進める理由!

◆野菜やたんぱく源をしっかり摂れる

鍋には、もやしやネギ、白菜などといった野菜や、お肉や魚介類などを入れて楽しみますよね。ヘルシーな野菜と、身体を作るのに欠かせないたんぱく源がたくさん食べられる鍋料理は、健康的なダイエットレシピとしておすすめです。

◆脂質の摂取量を抑えられる

自分の好きな食材を選んで作れるというのも鍋のポイント。ダイエットをする際は野菜中心の鍋にしたり、鶏胸肉やささみ、白身魚などの低カロリーで脂質の少ない食材を選びましょう。

炭水化物の摂取量が自然と減る

野菜と肉や魚などのたんぱく源を中心に作る鍋料理は、ごはんや麺などの主食がなくても、具材次第では十分に満足感を得ることができます。これは、ダイエットにおいてかなりメリット。無理なく減量を目指せるのは、嬉しいですよね。

注意点!!

◆食べる量に注意する!

当たり前のことですが、鍋がいくらヘルシーだからといっても食べ過ぎは禁物です。適量を食べるからこそ、ダイエットに繋がります!

よく噛んで食べ、腹八分目に抑えるようにしましょう。

◆入れる具材の選び方

鍋はヘルシーといっても、入れる具材によっては高カロリーになりかねません。

注意するべきは、たんぱく源の選び方!

例えば、鶏肉ではもも肉よりは胸肉のほうが低カロリーです。

さらに、皮を取り除けばよりヘルシーに。

また、身体を温める食材を入れるのもポイント。

生姜に含まれる「ショウガオール」や、キムチに含まれている「カプサイシン」などは、身体を温め血行を良くする作用があります。ダイエット中の方は積極的に取り入れましょう!

まだまだ寒い!

鍋で突き通せ!!

痩せる!!

RECOMMEND

  1. BO:DIO(ボディオ)
  2. BO:DIO(ボディオ)
  3. BO:DIO(ボディオ)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEW POSTS

  1. BO:DIO(ボディオ)

    2021.11.02

    年末にかけて
PAGE TOP