BO:DIO(ボディオ)

玄米!食べてますか?

今日は玄米の紹介!

BO:DIO(ボディオ)

 

玄米は白米に比べるとヘルシーという印象を受けやすいですが、玄米は100gあたり165kcal、白米は100gあたり168kcalなので、玄米と白米のカロリーにはあまり差はありません。

それだと、ダイエットできないのでは?

と思ってしまいますが、玄米にはビタミンやミネラル類、食物繊維が豊富。玄米と白米を比べると、ビタミンB1は白米の約8倍、ビタミンB6は約10倍、食物繊維は約5倍にもなります!

白米は玄米のもみがらを取り除いた状態で、胚芽や外皮(ぬか)などでできています。

この胚芽やぬかなどにはダイエットの作用に期待ができるビタミンB群や食物繊維などの栄養素がたくさん含まれているのです!

便秘の解消!

玄米には食物繊維が豊富に含まれており、その中でも不溶性食物繊維が多く含まれています^_^

不溶性食物繊維は、水には溶けにくい性質があり水分を吸収して膨らみ、便のかさを増やすため腸を刺激します。

その結果、排便が促され便秘を解消する働きが期待できるようになります!

便秘が解消されることで、腸内環境も整いダイエット効果も高まりやすくなります。

また、ぽっこりお腹も解消されやすくなるので見た目にもダイエット効果が^_^

血糖値の上昇を抑える!

玄米は食物繊維を多く含むので低GI食品とも呼ばれ、血糖値の急激な上昇を抑え、糖の吸収を穏やかにするため太りにくくなる働きが期待できます。

血糖値の急激な上昇を抑えることで、食後の過度な空腹感を防いだり、眠気なども予防する効果があります。

代謝が高まる!

白米に比べビタミンB群が多く含まれているのも特徴のひとつ。

ビタミンB群の中でも、ビタミンB1は糖質を効率よくエネルギーにしたり、ビタミンB6は脂質をエネルギーにする働きが期待できます。

食べたものを効率よくエネルギーにするには、ビタミンB群が必要不可欠なんです。

注意点!!

お通じに変化が起こりやすい!

BO:DIO(ボディオ)

食物繊維が豊富なことから、お通じにも変化が起こりやすくなります。

もともと排便に問題がない方は、玄米を取り入れることでかえってお腹をくだしやすくなる可能性があります。

また、玄米だけに偏った食事をすることでかえって便秘を悪化させてしまうおそれも。

すぐには効果があらわれにくい。。

ダイエットを実践したからといって、すぐには効果があらわれない場合もあります。

自身の体調を考慮しながら、長期間に継続的に取り組むように心がけてみましょう(^^)

RECOMMEND

  1. BO:DIO(ボディオ)
  2. BO:DIO(ボディオ)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEW POSTS

  1. BO:DIO(ボディオ)

    2021.11.02

    年末にかけて
PAGE TOP