プロテインの摂取量!

プロテインを1日どのくらい飲めば良いのか、ご存じでしょうか?

現代ではたんぱく質が不足している人が多く、健康のためにもたんぱく質の摂取が必要といわれています。

たんぱく質を多く含むプロテインを飲む事で、身体を鍛える場合だけでなく、日常生活で不足するたんぱく質を補う意味でも、良い効果が期待できます。

ただし、身体へ取入れるものは、何であっても過剰にならないよう気をつけなければなりません!

そこで今回は、プロテインを1日何杯飲むのが良いのか、プロテインを取入れる際の摂取回数や適切な摂取量をご紹介します^_^

プロテインは1日に3回飲むのが目安?

厚生労働省から示され、推奨されているたんぱく質の1日の摂取量は、成人男性が60g、成人女性は50gとされています。

摂取されたたんぱく質は体内で常に消費され続け、運動の度合いによって消費量も変わります。

運動をしていない人は、体重1kgにつき0.8gから0.9gが摂取量の目安です。

軽い運動をする習慣がある人は、体重1kgにつき1.2gから1.5gが目安となります。

また、明確に筋肉をつけたいという目的がある人は、体重1kgにつき2gの摂取が必要です!

たんぱく質の摂取方法は、食事が基本となりますが、体重1kgにつき2gのたんぱく質を1日に摂取するとなると、相当な量の食事が必要になってしまいます。

例えば、体重60kgの人のたんぱく質の摂取目安量は1日につき120gです。

食事量で考えると、たんぱく質が多く含まれる鶏肉のささみであっても、100gあたり17.3gのたんぱく質なので約700gを食べなければ不足してしまう計算です!

この量を食事だけで摂取すると、たんぱく質だけでなく、脂質や糖質も同時に摂取することになり、カロリーオーバーになる可能性も。

その結果、栄養のバランスが悪くなったり、効果的なバルクアップにもつながらず、体脂肪が増えてしまったりするリスクも考えられます。

解決する方法としては、プロテインによってたんぱく質を摂取する方法が効率的で有効です。

プロテインでたんぱく質を摂取する際には、13回程度に分けるのがオススメです。

間隔も均等に時間を空ける事で、体内には常にたんぱく質から分解されてできたされたアミノ酸が満たされている状態となります。

13食を普通に食べているとすれば、プロテインを飲むタイミングの目安は、朝食・昼食・夕食の合間にあたる食間にプロテインを摂取するのが良いでしょう。

なお、たんぱく質を積極的に摂ろうと、1日の目安となる量よりも多めに摂取する人もいますが、1日に身体が処理できるたんぱく質の量には限りがあります。

たんぱく質自体にもカロリーがあるため、過剰な量を摂取してしまうと、そのまま体外へ排出されたり、脂肪へと変換されたりしてしまいます。

また、あまりにも大量のプロテインを1日に摂取すると、身体に負担がかかる可能性もあるので注意してください!

RECOMMEND

  1. BO:DIO(ボディオ)
  2. BO:DIO(ボディオ)
  3. BO:DIO(ボディオ)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEW POSTS

  1. BO:DIO(ボディオ)

    2021.11.02

    年末にかけて
PAGE TOP