長時間のトレーニングは✖️

ウエイトトレーニングは筋肉を増やすためにやる物!

いわゆる無酸素運動ですね^_^

しかし、何時間も長くやってしまうと有酸素運動になってしまいます。

というこもはエネルギーの発揮形態が違うということになってしまいます。

有酸素運動はやりすぎると筋肉を減らしてしまう!

マラソンランナーに筋肉モリモリの人はあまりみかけないですよね?

長い時間トレーニングをするも筋肉はそれに慣れてしまいます。

長い時間のトレーニングに慣れた筋肉、それは遅筋繊維。

しかし筋肥大するのは速筋繊維。

長い時間トレーニングできるということは速筋繊維の刺激ではなく、遅筋繊維の刺激になってしまいます!

長い時間のトレーニングはコルチゾールや筋肉を分解してしまうホルモンを増やしてしまいます。

大体やっても75分ぐらいのトレーニングが目安と言われていますが、75分を大幅に超えてしまうようなトレーニングだとコルチゾールが増えてしまい、テストロテンが落ちてしまう。。

重要なのは強度!

しっかり刺激を与えてしっかり休養をとる!

趣味でトレーニングを何時間をやることに問題はないと思いますが、しっかり筋肉をつけたいのであればやっても75分を目安にしっかり刺激を与えてあげてください!

僕に任せていただければ60分でその刺激を与えてあげますよ。笑笑

RECOMMEND

  1. BO:DIO(ボディオ)
  2. BO:DIO(ボディオ)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEW POSTS

  1. BO:DIO(ボディオ)

    2021.11.02

    年末にかけて
PAGE TOP