BO:DIO(ボディオ)

馬肉、鹿肉!

”お肉”と言って思いつくものは牛肉、豚肉、鶏肉…かと思います!
最近ではジビエ料理なんかもあり鹿肉や馬肉なんかも食べられるようになってきました^_^

BO:DIO(ボディオ)
今回は少し珍しい馬肉や鹿肉についてお伝えしたいと思います。

馬肉、鹿肉効果について
カルニチンが多い?
この二つの肉は、カルニチンがとても多いでず!

BO:DIO(ボディオ)
カルニチンが多いと減量に非常に有効になります^_^
カルニチンの働きは主に、脂肪酸をミトコンドリアに運び、エネルギーにしてくれるというものです^ ^
カルニチンは体内でアミノ酸のリジンとメチオニンからビタミンCを使い作られるわけですが、リジン,メチオニン,ビタミンCが足りないとカルニチンの合成が悪くなってしまいます!
また、カルニチンは30歳を超えると体内での合成が悪くなってくるため30歳以上の方は十分なリジン,メチオニン,ビタミンCを摂ると共に、カルニチンの多い肉を摂取するといいです!

心臓のエネルギー源に?
カルニチンは心臓のエネルギー源にもなります!
少し心臓の悪い人にもカルニチンは有効になるのでおすすめしたいです^ ^
マラソンなどといった持久力競技系をしている方にも、馬肉や鹿肉はとても有効であるので是非、参考にしてください(^^)

BO:DIO(ボディオ)

RECOMMEND

  1. BO:DIO(ボディオ)
  2. BO:DIO(ボディオ)
  3. BO:DIO(ボディオ)
  4. BO:DIO(ボディオ)
  5. BO:DIO(ボディオ)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEW POSTS

  1. BO:DIO(ボディオ)

    2021.11.02

    年末にかけて
PAGE TOP