BO:DIO(ボディオ)

脂肪を増やさない。。

体脂肪、できることなら増やしたくないですよね?
よく、寝る前の食事は太ると聞きますが実際はどうなのか!
体脂肪が増えてしまうタイミングについて解説していきます^ ^

夜中の食事は太る!?
BMAL1(ビーマルワン)という時計遺伝子についてご存知ですか?
BMAL1は夜中に増える遺伝子。
”夜中に増え、脂肪を増やす”。そのため、寝る前に食べるのは良くないと言われてきました!

BO:DIO(ボディオ)
しかし、実際に論文を読むとBMAL1は肝臓の脂肪を増やすという報告があっても体脂肪が増えたかは、あまり論文では触れられていないのです^ ^
なのでBMAL1が多くなるから寝る前の食事は太りやすい、ということにはあまり根拠はない。

寝る前に食べても平気なのか?
実際に寝る前に食べるとどうなるかというと、実はグリコーゲンの量が関係してきます!
筋肉や肝臓、血中等にグリコーゲンが溜まってくるが、それが少ない状態であれば食べても大丈夫!
つまり、夜にトレーニングをしてグリコーゲンを使いきり、その後に食事をしても食べたものはグリコーゲンの回復に使われるため体脂肪の増加の方にはまわっていかない!

BO:DIO(ボディオ)

逆に、全然トレーニングをせずに朝昼たくさん食べ、グリコーゲンが残った状態で夜もたくさん食べてしまうとグリコーゲンが溢れてしまい、それが体脂肪になってしまうのです!
これが例えば朝なら、たくさん食べても日中活動している間にグリコーゲンが使われるので体脂肪が増えるということはないのです!

しかし、夜の寝る前は体を動かさないのでグリコーゲンは減っていかずに体脂肪が増えてしまうということになる。。

食事は運動の前後がおすすめ!
結論、運動をしてグリコーゲンが減っていれば太るということにはならない^ ^

色々な研究で、夕食に炭水化物を摂ったほうがむしろ太らないみたいな話もあったりするが、その辺りはその人の体内のグリコーゲンの状態がどうなっているかということが一番大事になってきます!
大切なのはトレーニングをする前と後に糖質を摂り、グリコーゲンがたくさんある状態でトレーニングをすること!
なので、トレーニングの近い時間帯で食事を摂りトレーニングから離れたタイミングでは糖質の量を減らすといいですね(^^)
寝る前に食べれば必ず太るというわけではなく!グリコーゲンが大事なのです!

RECOMMEND

  1. BO:DIO(ボディオ)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEW POSTS

  1. BO:DIO(ボディオ)

    2021.11.02

    年末にかけて
PAGE TOP